8日は二十四節気の白露。大気が冷え込み、草花に露が宿るころとされる。7日の県内は高気圧と南風の影響で気温が上がり、36観測地点中20地点で最高気温30度以上の真夏日となった。

 盛岡市青山の青山児童公園では、赤と白のサルスベリの木が枝いっぱいに花を咲かせ、市民らの目を引いている。

 盛岡地方気象台によると、8日の県内は高気圧に覆われおおむね晴れるが、湿った空気の影響で朝晩は曇りとなる見込み。予想最高気温は宮古34度、二戸33度、盛岡、一関32度など引き続き真夏日となりそう。