盛岡市は6日、10月27日に初開催するいわて盛岡シティマラソン(実行委主催)のエントリー者数を公表した。フルマラソン(42・195キロ)など3部門に計1万161人が登録し、当初目標の参加人数1万人を突破した。県外や外国からも参加。フルマラソンは日本陸上競技連盟の公認コースとなる。関係者は本番に向けた準備を加速させている。

 エントリーは8月18日まで約5カ月間受け付けた。フルマラソンに6914人、ファンラン(8・8キロ)に2663人、ペアラン(2・5キロ)に292組584人が申し込んだ。

 全エントリーの57%が県内在住で、地元盛岡市からは3部門で計3433人が申し込んだ。外国人登録は香港、台湾、米国などから60人だった。