大船渡市で初めてとなる外国クルーズ船が2020年9月、大船渡港に寄港することが決まった。米国の船会社ウインドスタークルーズが運航する「スターブリーズ」で、県内の外国客船の寄港は宮古港に続き2港目となる。同市は視察受け入れや商談会への参加など外国客船誘致に向けた取り組みを進めてきており、念願の寄港決定で地域活性化へ期待が高まる。

 船会社の販売代理店セブンシーズリレーションズ(東京都)によると、スターブリーズは今秋から拡張工事が行われ、拡張後は乗客定員312人。総重量1万2995トン、全長159メートル、全幅19メートル。県内への寄港は初めてとなる。

 8~9月にかけて米国アラスカ州や日本国内などを巡るクルーズの一環で、大船渡港には9月8日に寄港。大船渡市の碁石海岸観光や、被災地視察のツアーなども計画している。

 同船会社の客船は約9割の乗客が米国人で富裕層が多い。大船渡への寄港で観光や飲食、土産物購入などによる地元への大きな経済効果も見込まれる。