気象情報会社ウェザーニューズ(千葉市)は4日、今年の紅葉の見ごろ予想を発表した。東北地方の標高の高い山の見ごろは平年より遅くなると予想。八幡平は10月2日ごろ、栗駒山は同7日ごろから見ごろを迎えるとしている。

 同社によると、東北地方は9月の気温が平年より高くなり、標高の高い山で色づきが遅れる見込み。10、11月は平年並みの気温となり、山沿いや平野部の見ごろは平年並みとみている。見ごろは盛岡市の岩手公園が11月1日ごろ、一関市の厳美渓が同2日ごろ。