【韓国・機張(キジャン)で運動部・小田野純一】野球の18歳以下によるU18ワールドカップ(W杯)第4日は2日、韓国・機張で1次リーグが行われ、B組の高校日本代表は台湾に1-3の五回裏終了降雨コールドゲームで敗れ、初黒星を喫した。

 日本は初回に石川昂弥(愛知・東邦3年)の左前適時打で先制したが、1-1の五回に2点二塁打を浴びて勝ち越された。試合前から降り続いていた雨が五回終了後に強まり、約1時間の中断後にコールドゲームとなった。

 B組は日本戦以外の2試合が雨天順延。第4日終了時点で日本と台湾が3勝1敗、米国が2勝1敗、スペインとパナマが1勝2敗、南アフリカが3敗となっている。

 日本は3日の1次リーグ最終戦(午後6時開始予定)でパナマと対戦する。