自動車整備士の魅力を知ってもらおうと、県自動車整備人材確保・育成連絡会は27、28の両日、盛岡市盛岡駅西通のアイーナで自動車整備フェスタ2019を初開催した。

 県内のディーラー26社が集まり、制服姿の整備士がITを活用した最新の整備技術などを紹介。電気自動車(EV)の構造を展示するコーナーもあり、多くの家族連れらでにぎわった。

 自動車を実際に組み立てる体験会では、整備士の制服を着てタイヤを取り付けた花巻市西宮野目の荒谷知輝(ともき)君(宮野目小4年)は「思ったより簡単だった。エンジンがかっこいい」と目を輝かせた。