「三陸ぐるっと食堂 in KAMAISHI×B―1グランプリ」(実行委主催)は28日、釜石市大町の大町広場周辺で開幕した。沿岸を中心に県内各地のご当地グルメが一堂に会し、多くの家族連れでにぎわった。

 県内15団体と県外2団体が参加。久慈まめぶ部屋(久慈市)やいわいずみ炭鉱ホルモン鍋発掘隊(岩泉町)など、B1グランプリを各地で開く愛Bリーグに加盟する団体も集った。秋田県の横手やきそばは初めて出店し、盛り上げた。

 三陸ぐるっと食堂は2015年から沿岸各地を回って開催している。29日は午前10時~午後3時。実行委は2日間で昨年の約1万3千人を上回る1万5千人の来場を見込む。