岩手と秋田県境の深山

報告:北上山歩き会 本舘伸也

大荒沢岳(左)と朝日岳

 県道1号の貝沢地区から西に約4キロ進むと登山口があります。

 間もなくミズナラやクロベの大木が林立します。尾根筋の急登を行くとブナの巨木が見え、郡界分岐、前山分岐を経て沢尻岳山頂(1260m)に到着。

 西に大荒沢岳(1313m)と朝日岳、南西に高下岳と和賀岳、北に秋田駒ケ岳、岩手山、東に早池峰山が見渡せます。

 沢尻岳から大荒沢岳へ。その間にあるピークを登り下りして到着。山頂付近は、草紅葉が光り輝いていました。

 登山口から山頂までの山道はしっかり整備されておりました。

 間もなく紅葉が楽しめそうです。

高下岳(左)と和賀岳
岩手山が見えます
秋田駒ケ岳は紅葉色に染まっています
クロベの大木が林立する登山道