10月1日の消費税増税まで秒読みとなり、県内で駆け込み商戦が熱を帯びている。税率が上がると価格に大きく跳ね返る高額商品の販売が好調で、宝飾品や冬用タイヤの売り上げは前年同期比で倍増。増税前最後の土日を迎え、期間限定のセールや売り場増設など、各店舗はあの手この手で追い込みを掛ける。

 「増税直前」の文字が店内に躍る盛岡市菜園のカワトク。27日から3日間、セールやカードポイントを5倍にする「秋のカワトク祭」を催し、初日は複数の買い物袋を手に品定めする客が多く見られた。

 二戸市堀野のイエローハット二戸店では今月、冬用タイヤとドライブレコーダー(ドラレコ)の売り上げが前年同月に比べ2倍以上と好調。タイヤ製造各社が物流費の高騰で今夏に値上げを発表後も価格を据え置いてきたが、増税も重なる10月以降は値上げに踏み切るため、高価格帯のブランドタイヤがよく売れる。あおり運転対策で注目を集めるドラレコは販売スペースを拡大した。