宮古市などで8月下旬に開かれた第11回全日本少年春季軟式野球大会県予選で優勝し、来春の全国大会(静岡県)出場が決まった遠野市の遠野中野球部(部員17人)は24日、市役所を訪れ、市幹部にさらなる飛躍を誓った。

 伊藤楓真(ふうま)主将(2年)、太田遥稀(はるき)部長(同)ら4人が訪問。伊藤主将は「県代表として恥じないプレーをする」、太田部長は「相手の隙を突く野球で一戦でも多く勝つ」と全国への決意を語った。