二戸市仁左平の仁左平小(荒川優子校長、児童38人)は25日、同校で「伊加古(いかこ)集会」を開いた。地元の英雄で蝦夷(えみし)の指導者である伊加古の紙芝居やナニャトヤラなどで、地域住民と交流を深めた。

 市観光協会観光コーディネーターの宮本慶子さん(40)らがナニャトヤラを指導。全員が輪になって踊り、一体感を高めた。