盛岡市で10月27日に初開催するいわて盛岡シティマラソン(実行委主催)の詳細が固まってきた。同月26、27の両日はランナーのほか、家族や一般来場者が楽しめる大会EXPOを開催。給水所の一部で「盛岡りんご」などの県産食材を提供する。大会まであと約1カ月。国内外から1万人超のランナーが集うイベントに向け、関係者はキーワードのおもてなし準備にも力を入れている。

 EXPOは同市本宮の盛岡タカヤアリーナで開く。協賛社の展示販売や県内事業者などの飲食ブースを出展。ゲストランナーの神野大地さん(26)=青山学院大卒=らのトークショーなどを計画している。

 給水所はコース上13地点に設け、うち5地点では盛岡りんごと一口大の県産米おにぎり、地場産パンを提供する。フィニッシュ地点では、フルマラソンが盛岡三大麺、ファンラン、ペアランはパンを振る舞う。

 大会は3部門に計1万563人がエントリー。当日は午前8時45分からスタート地点の岩手大図書館前でセレモニーを行い、各部門が順次スタートする。午後1時にフルマラソンの表彰式を予定し、全競技終了は同3時を見込む。