県産ブルーベリーの「い・ろ・は・す」 みちのくコカ・コーラボトリング(矢巾町、谷村広和社長)など関連企業は10月7日から、本県産ブルーベリーを使った清涼飲料水「い・ろ・は・す ブルーベリー」を東北限定で販売する。

 奥羽山脈の天然水に県産ブルーベリーのエキスを加えた。爽やかですっきりした甘さの味わいで、香りが口の中に広がる。同社花巻工場で製造し、ペットボトル555ミリリットルで希望小売価格は税抜き130円。

 谷村社長らは24日、県庁で達増知事に商品を紹介し「気分をリフレッシュしたいときにぴったり」とアピール。試飲した達増知事は「ぐいぐい飲める。高品質な果実を広く知ってもらう機会になる」と期待した。