【東京支社】無所属の階猛衆院議員(岩手1区)は24日、立憲民主、国民民主、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」による新会派に入ると表明した。

 同じく会派入りする無所属の馬淵澄夫衆院議員(比例近畿)と国会内で記者会見。階氏は「両党が歩み寄り、社保のグループも加わることで(野党が)大きな固まりになる一歩が踏み出された。賛同できる」と説明した。

 政党との関係は「政権交代を可能にするためには揺るぎない政策、理念を確立し、国民の共感を得なくてはいけない。目的に合致する党ができた段階で参加したいと思う」と述べ、当面は無所属で活動する。