JR東日本は23日、東京発新函館北斗・秋田行きの東北新幹線はやぶさ・こまち25号が22日、宮城県の白石蔵王-仙台間のトンネル内を走行中に感知した異常音は、落下したトンネル壁面の表示板にぶつかった音だったと発表した。表示板の劣化と別の新幹線通過時の風圧などで落下したとみられる。

 JR東によると、表示板は出口までの距離を示し、横250センチ、縦35センチ、厚さ2ミリの銅製で、約18キログラム。設置位置から仙台寄りに約170メートル進んだ線路脇で、ひしゃげた状態で見つかった。

 22日午後3時45分ごろ、運転士がトンネル内で異常音を感知して停車。ぶつかった跡はあったが車両に異常はなく、運転を再開した。その後、表示板が見つかった。昨年6月の検査で、表示板に異常はなかった。

 乗客乗員にけがはなかった。本県関係では下り2本が最大27分遅れ、約1070人に影響した。