西武5-3楽天

 【仙台支社】パ・リーグ「楽天-西武」は23日、仙台市の楽天生命パークで行われ、首位西武が山川穂高(富士大)の先制2点適時打などで楽天を5-3で下し、2連覇へのマジックナンバーを一つ減らして「2」とした。外崎修汰(同)は2四球を選んで勝利に貢献。ルーキー佐藤龍世(同)は守備固めで八回から出場した。楽天は競り負けてクライマックスシリーズ(CS)進出は持ち越しとなった。主将の銀次(盛岡中央高)が1安打を放った。4位ロッテに0・5ゲーム差に迫られた。

  ◇      ◇

 負ければマジック消滅の危機だった首位西武が終盤に勝ち越し、2連覇へ大きく前進した。山川穂高の先制2点適時打をきっかけに打線が意地を見せた。

安定した守備を見せた西武の外崎修汰。打席では2四球を選んで得点につなげた

 四回に外崎修汰が「つなぐことでチーム全体の勢いが出る」と粘って四球で出塁。1死満塁で6番山川は初球の145キロ直球を中前に鮮やかにはじき返した。「チャンスで回してもらったので、初球から思い切りいこうと強い気持ちで打席に入った」。リーグ打点2位の勝負強さを発揮した。

 八回は外崎、山川が四球を選んで好機を広げた2死満塁から代打メヒアが走者一掃の左中間二塁打を放った。山川は「僕が決めても次打者が決めても勝ちにつながればいい」とチーム一丸の姿勢を強調した。

(小田野)