本年度末で閉園する奥州市前沢平前の前沢南幼稚園(佐藤範久園長、園児45人)は21日、同園で最後の運動会を開いた。子どもたちが元気いっぱいの競技や踊りを繰り広げ、46年の歴史を重ねた園に感謝した。

 3~5歳の園児全員と保護者らが参加。かけっこや紅白対抗リレーなどの競技に汗を流した。4月の奥州前沢春まつりで踊ったわんぱく鳴子踊りや、26年の伝統があるわんぱく虎舞も堂々と披露した。

 同園は1974年開園。前沢北、前沢東両幼稚園と共に、来年4月に開園予定の前沢北こども園に統合される。