盛岡市大沢川原の岩手女子高書道部(佐々木瑠奈部長、部員12人)は21日、同市八幡町の岩手護国神社で奉納揮毫(きごう)を行い、令和の時代に恒久平和への思いを強くした。

 同日の国際平和デーに合わせ、全国の護国神社などで一斉に奉納揮毫を行う世界平和の祈り(和プロジェクトTAISHI主催)の一環。2、3年生8人が縦3・5メートル、横7メートルの大きな紙に、1・25メートルの大筆などで「令和元年 岩手に平和を祈る」と筆を走らせた。