先場所幕下で負け越し、東三段目6枚目に落ちていた八幡平市出身の津志田(時津風部屋、平舘高)は、勝てば三段目優勝の一番に敗れた。佐田ノ輝(境川部屋)のはたきに足が付いていかず、腹の砂を落としながら「嫌いな相手だった」と悔しそうだった。

 全勝対決にも「何も意識していなかった」という。踏み込んでいったところで相手のかち上げで起こされ、引き技を食った。それでも「前に出ていて悪い相撲ではなかった」と言い切った。

 幕下で勝つにはパワーアップが必要と感じている。「このままだと勝てない。体を大きくして、筋力を増やす。来場所も頑張る」と意気込んだ。