山の装い始まる!

報告:日本自然保護協会 自然観察指導員 鈴木清明

三ツ石山周辺の装いの始まりです!

 例年15日前後に紅葉前線の下見に入っています。今年の山の装いはいかがでしょうか?

 毎年期待感を抱いて心弾ませながら観察させていただいています!

 奥山道ゲートを入りますと、道端に色んな花が観られ、こちらも楽しみの一つとなっています!

 ヤマハハコ、クロバナヒキオコシ、ナギナタコウジュ、アキノキリンソウ、サワアザミ、ハナイカリ、ウメバチソウ、フジバカマ、エゾシオガマ、ネジバナ等が観られます。

また、樹林帯からはツルリンドウ、エゾオヤマリンドウ、エゾシオガマ、コメバツガザクラ、シロバナトウウチソウ等々を観ることが出来ます。

 これらの花に寄せられる蝶類も楽しみですね!ヒオドシチョウ、クジャクチョウ、ヒョウモンチョウ、アサギマダラなどがよく観られます!

 さらに、多様な彩りの実生も楽しみの一つです。シラタマノキ(白)、アクシバ(赤)、コケモモ(赤)、ガンコウラン(黒紫)、ゴゼンタチバナ(朱)、ツバメオモト(青)、ツリバナ(朱)等々観ることが出来ます!

 本日は天候も良く、それぞれの山頂からも360度の展望良く、岩手山、烏帽子岳、秋田駒ヶ岳、鳥海山、早池峰山等々がしっかり確認出来ました。

 今年の山の装いは幾分遅れ気味と感じました。寒暖差、湿度、日光と紅葉の条件がまだ整っていないのでしょう!これからが楽しみです!

 三ツ石山荘手前の水場の出水はありません!また、林道脇の水場も枯れた状態です。

 飲み水はしっかり準備して入山しましょう!

 なお、ゲート前駐車場周辺で地熱発電に関わる試掘ボーリングが行われています。駐車スペースが工事の関係で制限されていますので、ご留意下さい!

三ツ石山より岩手山方向の装い!
三ツ石山頂より秋田駒方向を望む!
秋空に浮かぶ三ツ石山(レオの姿)!
三ツ石山周辺装い始める(西側より)!
覘標の台、三ツ石山(奥)を望む!
アサギマダラが頑張っていました!
エゾオヤマリンドウが素敵でした!
クロバナヒキオコシの白花……?
シラタマノキが命のバトンを……!