大相撲秋場所12日目の19日、幕下以下の各段は7番のうち6番を取り終え、幕下は元大関照ノ富士(モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋)と元幕内千代の国(三重県出身、九重部屋)が全勝で並んだ。ともにけがなどで番付を落としている。

 三段目は津志田(八幡平市出身、時津風部屋)、佐田ノ輝(モンゴル出身、境川部屋)、藤乃若(東京都出身、藤島部屋)の3人が勝ちっ放し。

 序二段は近大出身で先場所序ノ口優勝の元林(大阪府出身、鳴戸部屋)、佐田ノ華(東京都出身、境川部屋)、碧海浜(神奈川県出身、出羽海部屋)の3人が6連勝。

 序ノ口は東洋大出身の村田(三重県出身、高砂部屋)と大村(福岡県出身、陸奥部屋)が6戦全勝で並んでいる。