盛岡市新庄の市動物公園(辻本恒徳園長)のニホンアナグマたちのある行動がかわいいと、会員制交流サイト(SNS)を中心に話題となっている。

 毎日午後3時すぎ。園内の動物たちの餌を運ぶ飼育員のバイクが近づくとそろって柵の前にくぎ付け。隙間から顔を出し、熱い視線を送る。

 同園によるとバイクの音に条件反射しているとのこと。彼らの餌が届くのは同4時半。柵をつかんで餌を待つ愛らしい姿が、来園者の心をわしづかみ-。