大相撲秋場所9日目(16日・両国国技館)盛岡市出身で西前頭13枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、西16枚目の栃煌山に上手出し投げで敗れ、4勝5敗となった。

 当たり負けた錦木は腰高だった。すぐに栃煌山に浅いもろ差しを許し、寄りに後退。苦し紛れの右小手投げも通じない。右上手出し投げに大きく泳ぐと、たまらず土俵を飛び出した。

 10日目は、西14枚目の豊ノ島と対戦する。