ラグビーのトップチャレンジリーグ(TCL)の釜石シーウェイブス(SW)RFCとトップリーグ(TL)のヤマハ発動機の親善試合は15日、釜石市球技場で行われ、釜石SWは17―61(前半7―33)で敗れた。

 釜石SWは前半1分、SH二宮昂生が先制トライ(ゴール)を挙げた。後半33分にCTB畠中豪士、同36分にロック山田龍之介がトライを返したが及ばなかった。