軽米町の軽米秋まつり(実行委主催)は14日、同町中心部で開幕した。郷土芸能やみこし、豪華絢爛(けんらん)な風流山車が練り歩き、中心商店街を活気づけた。

 神楽や駒踊りなどの郷土芸能、みこしに続いて6台の山車が運行。華やかな山車が現れると、沿道を埋めた観衆からは拍手が上がった。行列は「ヨーイサヨイサ」と威勢のいい掛け声や力強い太鼓の音を響かせ、中心部約2キロを歩いた。

 まつりは16日まで。15日は午後5時半から約500人による流し踊り、最終日は同3時半からみこしや山車の運行が行われる。