第39回盛岡市産業まつり(実行委主催)は16日まで、同市菜園のカワトクで開かれている。同市近郊の食や工芸が一堂に会し、地場産品の魅力を発信する。

 昨年より8増の51事業者が出展。菓子や総菜、酒、染め物、ホームスパンなど一流の技が光る。会場では市制施行130周年を記念した創業100年超の老舗紹介や、友好都市提携を結ぶ東京都文京区の伝統工芸品の展示販売、本県で11月開催の伝統的工芸品月間国民会議全国大会の周知も行っている。

 市内のコーヒー店が集う「盛岡珈琲フェスティバル」も同時開催され、購入したスイーツとともに味わえるイートインコーナーも設置。スタンプラリーや「美味いもん市」(14、15日)なども企画する。午前10時~午後7時(16日は午後5時まで)。