自民党総裁の安倍晋三首相(64)は11日午前、臨時総務会を党本部で開いた。処遇が注目された二階俊博幹事長(80)を再任するなど党四役を正式決定。「ポスト安倍」を見据える岸田文雄政調会長(62)も続投する。首相は午後、内閣改造に臨む。皇居での閣僚認証式を経て、第4次安倍再改造内閣が発足する。閣僚19人のうち初入閣は13人で、安倍内閣で最多となる。女性は2人。小泉進次郎元復興政務官(38)が環境相、橋本聖子党前参院議員会長(54)が五輪相に起用される。

 党四役は、連続在任記録を更新する二階氏、岸田氏のほか、総務会長に鈴木俊一五輪相(66)らを新たに充てた。