大船渡市の非営利型一般社団法人かたつむり(吉田定(さだむ)代表理事)は11日、同市産のエゾイソアイナメ(ドンコ)を使った商品「どんこ揚げ蒲鉾(かまぼこ)」の試験販売を開始する。同市に三陸臨海教育研究センターがある北里大が製造協力した。

 かまぼこは、かたつむりが運営する福祉作業所の利用者が手作りする。市内で水揚げされたドンコと野田村特産「のだ塩」を使用。味わい深く、弾力性に富むのが特長だ。

 冬季は鍋物の具材として市場価値が高まるドンコだが、夏季は需要が少ない。同大海洋生命科学部の渡部終五(しゅうご)特任教授(71)らは、夏季に取れたドンコに着目し2013年から練り製品の原料として活用方法を研究してきた。

 商品は42グラムのかまぼこ3個入りで1箱800円(税別)。同市三陸町越喜来の道の駅さんりくで50箱限定販売する。