2019.08.08

栗駒山(一関市)= 8月6日

「産沼コース」快適登山

報告 北上山歩き会 本舘 伸也

名残ケ原から山頂を仰ぐ

 栗駒山の本県側・須川コースは、昭和湖付近で火山性ガスが発生したため進入禁止となり、南寄りの産沼コースがメインルートとなっています。

 この日は、産沼コースで一関市主催の清掃登山が行われました。7大陸最高峰を日本人最年少で登頂した南谷真鈴さんとボランティアら35人が参加。山道は歩きやすく快適です。稜線に出ると眺望が一気に広がりました。須川コースとほぼ同じ約2時間で山頂に着きました。

産沼コースの沢(三途の川)を渡る
モリアオガエルが生息する産沼
眺望が広がる稜線
山頂で南谷真鈴さんを囲む