花巻市東和町の田瀬ダムの高圧放流設備が日本機械学会から機械遺産に認定され、東北地方整備局北上川ダム統合管理事務所(盛岡市、斉藤喜浩所長)は8日から、田瀬ダム管理支所(加藤一典支所長)で記念の施設カードを配布する。

 表面には同設備の4門のうち2門を使って放流する様子や、高圧スライドゲートの開閉装置の写真やイメージ図、裏面は同遺産の認定理由を記した。縦約6センチ、横約9センチで5千枚作製した。

 加藤支所長は「記念カードをきっかけにダムの構造や機能に関心を持ってほしい」と呼び掛ける。

 記念カードは土日祝日も含め来年3月末まで配る。午前9時~午後4時半。同管理支所では通常の田瀬ダムの施設カードも配布している。問い合わせは同管理支所(0198・44・5211)へ。