2019.08.06

焼石岳=8月5日7時~

まだまだ開花が続きます!

報告 日本自然保護協会 自然観察指導員 鈴木 清明

焼石岳分岐周辺の花達

 猛暑の日が続いています!涼を求めて入ったつもりでしたが1400m台の姥石平付近まで、全くの無風状態でした。登山道もほぼ乾燥気味です。熱中症対策も忘れずに!

 銀明水の湧き水は十分確保できる状態になっています。お腹の弱い方は余分の準備を!

 山頂は冷ややかで爽やかな風に覆われ、下山したくない位の体感が得られました。

 旅の蝶「アサギマダラ」が花の蜜を求めてあちこちで飛び交う姿が観られました。

 横岳方向途中まで行って来ましたが、ハクサンイチゲ、ハクサンフウロ、タチギボウシ、シラネニンジン、ハクサンシャジン、キオン、ミヤマリンドウ、ノギラン、クルマユリ、トモエシオガマ、タカネアオヤギソウ等々がほぼ満開の状態になっていました。

 これにタカネセンブリ、ウメバチソウが咲き出してきました。

 登山道上では、タマガワホトトギス、ジャコウソウ、オニシオガマ、ミズギク、ミヤマダイモンジソウ等々が咲き出してきています。

 昆虫類も数を増して、特に高山特有の蝶類やトンボ類、バッタ類が目立ってきています。注意してみますと楽しいものですよ!

 登山道上では、熊の糞や水芭蕉などからも、熊の行動が活発化しているように見受けられますので、何らかの対策をしながら楽しんでいきましょう!

焼石岳を望む!
焼石岳南面から望む!
横岳上がり口の花々
山頂から西焼石岳を望む(花はキオン)
気をつけないと見落としてしまうミゾソバ!
待ち望んでいたジャコウソウ咲き出しました!
3年振りの対面ですダビドサナエ♂!
ようこそ!アサギマダラ、長旅お疲れ様!