5日の県内は高気圧に覆われ、気温が上がった。36観測地点中31地点で30度を超え、11地点で今年最高を更新した。一戸町奥中山の県立児童館いわて子どもの森(上川原千代枝館長)では、夏休みの子どもたちが水遊びを楽しんだ。

 一戸・奥中山は今年最高の31・4度(平年比5・0度高)を記録。強い日差しが照りつける同館「みずの広場」では、子どもたちが流水に体を浸した。さいたま市・大砂土(おおさと)東小4年の久保直幹(なおき)君は「水の中は涼しい。いっぱい遊べて夏休みは最高」と歓声を上げた。

 最高気温は宮古・川井35・8度(同6・8度高)、盛岡33・6度(同4・6度高)、大船渡30・7度(同3・5度高)、宮古28・8度(同2・1度高)など。

 盛岡地方気象台によると6日の県内は高気圧に覆われて晴れや曇りとなり、予想最高気温は盛岡36度、一関35度、二戸、大船渡33度など。熱中症の危険が高まり注意が必要だ。