日本オリンピック委員会(JOC)は4日、住田町下有住の町生涯スポーツセンターでオリンピックデー・フェスタを開いた。三陸防災復興プロジェクト「さんりく絆スポーツフェスタ」の一環で、五輪出場経験者7人と町民が運動を通じて交流を深めた。

 小中学生と保護者、町民ら約110人が参加。2012年ロンドン五輪柔道銀メダリストの杉本美香さん、08年北京五輪陸上出場の小林祐梨子さんらと、チームに分かれて手つなぎ鬼や玉入れなどで汗を流した。大玉転がしは最終走者まで勝負がもつれる大接戦となり、大きな声援が送られた。競技間の作戦会議ではオリンピアンを中心に真剣に戦略を練り、一体感が生まれた。