【南部九州総体取材班】全国高校総合体育大会(インターハイ)第9日は4日、宮崎市のKIRISHIMAツワブキ武道館などで8競技が行われ、県勢は少林寺拳法男子単独演武決勝で大久保来翼(らいと)(盛岡中央3年)が262・0点で3位に入り、県勢として初めて表彰台に上がった。

 陸上は女子走り高跳びの福田栄里(盛岡市立3年)が1メートル73で4位入賞を果たした。自己記録(1メートル75)が出場選手ランキング1位だった八重樫澄佳(黒沢尻北2年)は1メートル67で11位に終わった。男子1500メートルの佐々木塁(盛岡一3年)は予選組2位で決勝に進んだ。

 カヌーの男子スプリント・カナディアンペア(500メートル)は不来方の小西星成(せな)(3年)吉田翔栄(2年)組が9位で入賞を逃した。剣道の男子個人は佐々木翼、遠藤剛(ともに盛岡南3年)が1回戦で敗れた。