いちのへ灯篭(とうろう)まつり(一戸町商工会主催)の名物行事、むかで障害物レース「AGUDO・KAZURU(アグド・カズル)」は3日、町中心部で行われた。30回の節目を迎え、参加者が商店街を活気づけた。

 一般、レディース、小学生に30回記念の「スピード」を加えた4部門に、学校や職場の仲間による33チームが出場した。足首をロープで結んだ選手たちは、ボールをかごに入れるなど3カ所の課題に挑戦し、声を合わせて約800メートルを駆け抜けた。

 まつりは16日まで開かれ、約300個の灯籠が町中心部を照らす。