姥石平の花々賑わいと共に……!

報告:日本自然保護協会 自然観察指導員 鈴木清明

 中沼登山口から入山です!駐車場には十数台の車が、その半数が県外ナンバーです。 久しぶりの青空、無風状態で気温は上がりそうです。  姥石平の花々は、トウゲブキの黄色にやや陰りが見られハクサンシャジンやタチギボウシ、ミヤマリンドウの青系の色へと変化が観られてきました。 ハクサンイチゲは早々に姿を消してきています。 高層湿原地帯ではキンコウカの彩りが豊になってきています。  ハクサンフウロも多く目に入りました。それにシラネニンジン、シロバナトウウチソウ、イワテトウキ、ムカゴトラノオの白系が賑やかさを表現し、見事な群落となっています。

 登山道脇では、秋の花へと変化しながら、様々な花で飾られ賑やかさが増しています。 コイチヨウラン、オニシオガマ、ミズギク、ウメバチソウ、エゾシオガマ、タカネセンブリの花も顔を出し始めてきました。楽しみですね! 日本中、驚異的な高温が続いています。 熱中症等考慮し、朝の涼しい時間帯に、花を愛でながらユックリ登山しましょう!  尚、熊さんの活動が益々活発になり、登山道上の糞や登山道脇のミズバショウに多くの痕跡を残しています。 鉢合わせしないよう対策をしていきましょう!

北海のクリオネに似た可愛い姿のオオヤマサギソウ!
タカネセンブリ白花系蜜坪が神秘です!
姥石平北部、花の乱舞です!
姥石平は多くの花で賑わっています!
姥石平ステージ2の花達!
清楚な花ですモウセンゴケ!
タカネセンブリ神秘的な花ですね!
高層湿原帯ではキンコウカが彩りを見せてきました!
皆さん素通りしていくこの花はアラシグサです!
アクシバ何時も可愛い姿を魅せてくれます!