18日から東京都で開かれる軟式野球の高円宮賜杯第39回全日本学童大会マクドナルド・トーナメントに本県代表として出場する宮古市の千徳小スポーツ少年団(22人)の団結式は3日、同市宮町のマクドナルド106宮古店で行われた。

 選手と石崎勝正監督(71)らが同店を訪問。伊藤臣弘(みひろ)主将(6年)が「みんなが自分の役割を果たせば結果は付いてくる。初の全国で1勝を目指し頑張る」と決意を語った。

 同店から横断幕や大会記念ボール、全国大会出場の証しとなるワッペンなどが贈呈され、選手らは横断幕に「絶対打つ」などと意気込みを書き込んだ。

 同スポ少は6月の県予選で初優勝。全国大会は51チームが出場し、東京都の明治神宮球場など5球場で6日間開催される。同スポ少は20日、立川公園球場で、田上ベースボールクラブ(新潟)と豊上ジュニアーズ(千葉)の勝者と対戦する。