東北中学校体育大会などは3日、各地で5競技が行われ、県勢は卓球女子シングルスの小林りんご(宮古・一3年)が決勝で山形の選手を下し、県勢として初めて優勝した。

 新体操団体は男子の滝沢南が2年ぶり14度目の優勝。女子の上野(北上)は3位に入り、9年ぶりの全国大会出場を決めた。

 ホッケーは岩手町勢の男女計4校が決勝トーナメントに進み、男子の川口が1回戦を突破。女子は1回戦で沼宮内が一方井に勝利した。

 ハンドボールは女子の矢巾、ソフトボールは女子の前沢がそれぞれ準決勝に進んだ。