遠野市などは4日、2024年まで大規模保存修理中の同市綾織町の国指定重要文化財・千葉家住宅で「重文千葉家いしがきまつり2019」を開催する。この日に限り内部の様子を一般公開するほか、千葉家周辺に息づく文化を感じられる多数の催しを展開する。

 工事は16年度に着手。現在は築約180年とされる曲がり屋の解体工事が一段落し、千葉家を象徴する石垣の組み立て修復が本格化する。同日は石垣工事や、半解体された曲がり屋の様子を目にすることができる。

 かやぶき屋根の下地に使う「よしず」作りや、石垣の仕組みを学べる関連体験コーナーも設置。地元産野菜の漬物や千葉家由来コーヒーの販売など飲食メニューも充実している。

 午前10時~午後4時で入場無料。問い合わせは市文化課(0198・62・2340)へ。