宮古市崎鍬ケ崎 県立宮古高等看護学院2年 岡田 桃子さん(19)

 学校公開で中学生や高校生らを対象に、赤ちゃんの人形を使った沐浴(もくよく)体験を行った。看護職に興味を持つ人がたくさん来てくれてうれしかった。震災の時は高田小の5年生で、迎えにきた親と一緒に高台に避難した。沿岸は病院や医療従事者が少なく、患者さんの通院の負担も大きい。将来は陸前高田で患者さんに寄り添う看護師になりたい。