東成瀬コースの今!

報告:日本自然保護協会 自然観察指導員 鈴木清明

ミヤマキンポウゲの跡地が賑やかですね!

 27日は東成瀬登山口から南本内岳周辺へ行ってみました。終始、爽やかな秋風の中で過ごすことが出来、快適な山行となりました!

 東成瀬コース上の問題はありません!綺麗に刈り払われています。

 花情報として、特筆すべきは、タカネナデシコ、センジュガンピ、アケボノシュスラン、カンチコウゾリナ等々が観られ、また、ハンゴンソウ、ハクサントリカブト、ハクサンフウロ、ウゴアザミ、サラシナショウマの群落でしょう!

 その他、コイチヨウラン、ミヤマキタアザミ、エゾオヤマリンドウ、イワオウギ、ハクサンサイコ、ミゾホオズキ、フユノハナワラビ、タカネセンブリ、ミヤマリンドウ等々が観られました。

 帰路、林道で1m以上の大きさの熊が横切っていきました。

空は秋色、ハンゴンソウやウゴアザミに彩られてます!
沼の辺に咲くハクサンフウロの群生
無名の沼にひっそり咲くエゾオヤマリンドウ
アケボノシュスラン、何年ぶりでしょう!
タカネナデシコがまだ咲いています
ハクサンサイコ、まだまだ魅せますね!
ハクサントリカブトの彩りが綺麗です!
木陰の湿地帯でひっそり咲いていたミゾホオズキ!
ハクサンフウロが彩り鮮やかに群生してます!