つぶ沼コース~東焼石岳の今!

報告:日本自然保護協会 自然観察指導員 鈴木清明

1ヶ月後には秋色に染まるのでしょう六沢山!

 26日はつぶ沼登山口から東焼石岳周辺へ行ってみました。濃霧や小雨そして青空と目まぐるしく変化する天候でした。

 秋の花達と残る夏の花を含めて、今、存在感を誇示しているように見えます!

 つぶ沼コースは登山口周辺から石沼周辺では、ノブキ、ヌスビトハギ、ツルリンドウ、ジャコウソウ、アズマカモメヅル等の花が確認出来ましたが、そこから上方分岐点まで花は態を潜めてます。

 銀明水から上ではヒオウギアヤメ、ダイモンジソウ、ウメバチソウ、ミソガワソウ、トウウチソウ、ハクサンフウロ、ハクサンシャジン、エゾオヤマリンドウ等の姿が観られます。姥石平は、薄らと秋色の香りが観られミヤマリンドウ、ウゴアザミ、トウウチソウ、エゾオヤマリンドウ、タカネセンブリ、ハナイカリ、オクキタアザミ、ウメバチソウ、チシマゼキショウ、ウツボグサ、ハクサンフウロ、ハクサンイチゲ等々が観られています。

 つぶ沼樹林帯の中で登山道上に、熊の鋭い爪痕がしっかり付けられていました。

 鈴やラジオなどの備えをして入山なさってください!

姥石平も幾分色付き始めましたね!
美しいエメラルドグリーンに染まる石沼!
美しいエメラルドグリーンの石沼です!
今年も会えましたハナイカリです!
数少ないミソガワソウ(超望遠で)
「綺麗だよ」と言ってあげて、ポッ~と色づくでしょうツルリンドウ!
クロバナヒキオコシも最盛期を迎えようとしています!
美しく配色したクジャクチョウ!
登山道上に残る熊の鋭い爪痕:驚異!