エンゼルスの大谷翔平(花巻東高)が両親ら家族が見守る中で2試合ぶりに安打を放ち、チームの連敗ストップに貢献した。

 先頭で迎えた0-1の七回、打線がそれまでわずか1安打と打ちあぐねていた左腕マイナーの緩い変化球を左前に落とした。後続の連続四球で満塁とすると、1死後にカルフーンの2点二塁打で逆転。この回一挙4点の起点となり、カルフーンは「翔平から始まって四球を引き出し、チームの努力」と一体感を強調した。

(アナハイム共同)