野球の高校日本代表と大学日本代表による侍ジャパン壮行試合は26日、東京・神宮球場で行われ、大船渡高の佐々木朗希(3年)が先発し、1回無失点と完璧な投球を見せた。最速は156キロだった。

 佐々木は格上の大学日本代表相手に真っ向勝負。先頭打者は初球の152キロで左飛に打ち取った。次打者は134キロのフォークで空振り三振。3番打者も152キロで空振り三振に仕留めた。12球を投げて直球は全て150キロ台と好調ぶりをアピールした。

 高校日本代表が九回にスクイズで1点を勝ち越したが、その裏に追い付かれて5-5の引き分け。佐々木は「大勢の観客の前で投げたことはなかったが楽しめた。持てる力を出した」と手応えをにじませた。