葛巻町の第10回そばの花見会(赤い屋根の分校主催)は24日、同町江刈川地区の旧葛巻小江刈川分校「赤い屋根の分校」で開かれた。参加者はソバの花が美しく咲き誇る畑を散策し、交流を楽しんだ。

 俳人の黛まどかさんをゲストに迎え、全国各地から57人が参加。参加者は5・5ヘクタールの畑一面に咲く白いソバの花をカメラで撮影。同分校を運営する高家(こうけ)卓範さん(71)が地域の歴史や文化について解説した。

 分校ではソバの花を題材にした俳句大会や写真コンテストを実施。そば料理に舌鼓を打ちながら、交流を深めた。

 高家さんは「北海道から福岡県まで幅広い地域の人が参加しており、うれしい限りだ。今後もできるだけ長く続けたい」と力を込める。