光と音のページェント花火ファンタジー(イーハトーブフォーラム実行委主催)は24日、花巻市の北上川河川敷で開かれた。同川の中州から打ち上げられた約7千発の花火が観衆を魅了した。

 「POP museum」をテーマに多彩な花火が小気味よく打ち上げられた。音楽と水面を照らすレーザーが幻想的な空間を演出し、会場は盛り上がった。

 市内の小学生3人がデザインした花火も上がった。若葉小3年の伊藤慧太君は「いつか試合で本塁打を打ちたい」と願いを込め、野球ボールのイラストを応募。ボール形の花火が夜空を彩ると「試合で良い結果を出せそう」と喜んだ。