北東北大学野球秋季リーグ1部は25日、青森県の弘前市運動公園球場で3試合が行われ、県勢対決は富士大が岩手大を5-1で下した。全チームが1勝1敗で並んだ。

 富士大は三回に照屋竣生(2年、沖縄・コザ)の内野安打や押し出し四球で2点を先制。3-1の七回には山城響(2年、沖縄・知念)の2点適時打で突き放した。岩手大は五回1死満塁から押し出し四球で一時は1点差に迫ったが、投手陣が踏ん張れなかった。