ノルディックスキーの夏の国際大会、グランプリ(GP)ジャンプ男子白馬大会最終日は24日、長野県白馬村で個人第6戦(ヒルサイズ=HS131メートル)が行われ、昨季のワールドカップ(W杯)個人総合王者、小林陵侑(土屋ホーム、盛岡中央高)が136メートル、129・5メートルの合計315・5点で圧勝した。前日に続くGP2連勝で通算4勝目。

 小林潤志郎(雪印メグミルク、盛岡中央高-東海大)が4位、伊東大貴(雪印メグミルク)が6位だった。