【青森県弘前市で運動部・小田野純一】北東北大学野球秋季リーグ1部は24日、青森県の弘前市運動公園球場で開幕し、県勢対決は岩手大が2-1で富士大に競り勝った。岩手大が富士大を下したのは2013年春季以来12季ぶり。

 岩手大は三回に敵失と畠山侑也主将(4年、盛岡四)の中前適時打で2点を先制。先発浪岡凌佑(3年、青森・三沢)が8回無失点と踏ん張り、リードを守り切った。富士大は五、七回の好機を生かせず、九回に1点を返すのがやっとだった。