宮古市は20日、北海道室蘭市と災害時の相互協力応援協定を締結した。大規模災害時に物資の提供、職員の派遣などを行う。宮蘭フェリー航路でつながり、海を挟んだ「隣町」の連携が一層強まった。

 締結式は同日、室蘭市輪西町の市民会館で行い、宮古市の山本正徳市長と古舘章秀市議会議長、室蘭市の青山剛市長、小田中稔市議会議長が出席。

 協定書を交わした山本市長は「室蘭市とは多様な面で交流を続けているが、協定締結を機に相互の助け合いをより強固にし、絆を強めていきたい」と喜び、青山市長は「昨年の北海道胆振(いぶり)東部地震の際も宮古の皆さんには助けてもらった。防災意識を高め合っていきたい」と気を引き締めた。

 同協定は▽(災害時の)支援に必要な物資や機材の提供▽救援、応急復旧に必要な職員の派遣▽平時の相互協力-が柱。宮蘭フェリー航路を軸に災害時の緊急支援態勢を整え、防災について相互に学び合う。